オリジナルの手提げ袋の作り方はとても簡単

img1-1

シンプルな手提げ袋は一つでも持っていればいろいろなシーンに使うことが出来ます。
例えば、通勤や通学でお弁当や水筒を持参する時にはランチバッグとして使うことが出来ます。

4yuuu!の人気が上昇しています。

体操服や上履、化粧品などの小物や必要な書類を入れたり、メインのバッグの補助となるサブバッグとして使うことも出来ます。近所に出かける程度ならば、普段使いのバッグを持たずにさっと手提げ袋だけで出かけられると便利です。

このように便利な手提げ袋をオリジナルで制作するのをおすすめします。オリジナルで制作すると、サイズや機能性を自由に作ることが出来るので、利便性に関しては市販品よりも理想に近づけることが可能です。

オリジナル手提げ袋のココだけの話をしましょう。

手芸に自信がないという方でも、シンプルな構造のものであれば、2、3時間もあれば作成することが可能です。

表地の布と裏地に使う布、持ち手に使う布地やリボンなど、材料はたったのこれだけです。


これらを縫い合わせていくだけで、シンプルな手提げ袋が完成します。
まずは単純な構造のものから作ってみることを目標にしたらよいでしょう。機能が何もなくとも、シンプルなものでも一つあればいざという時に使えて便利です。何個か作成してみて、自信がついてきたらより機能性などを追求した完成度の高いオリジナル手提げ袋に挑戦していくと良いでしょう。



オリジナルの良いところは、使う布の柄や素材、色を自分好みにすることが出来るというデザイン性の自由度の高さにもあります。

納得の知識

img2-1

デパートや、アパレルショップ等では、自社のロゴ等が入った手提げ袋が、必ず用意されています。買い物商品が多くなってしまった場合は、手提げ袋の必要性は不可欠です。...

more

よく解る情報

img3-1

企業のロゴマークが入ったオリジナルの手提げ袋はPRや広告替わりにもなるので人気が高く、また企業イメージに合わせた色合いで作る事が出来るので企業の雰囲気を伝えるのにも一役買います。そして企業だけではなく結婚式の引き出物を入れる袋やお祝い返しの袋などもオリジナルで制作すると感謝の気持ちがさらに伝わりお勧めです。...

more

いまどきの社会

img4-1

レジでもらう手提げ袋はお店ごとオリジナルデザインだと、お土産を渡すときにどこに出かけてきたのかがわかる目印になったりして、商品価値に影響します。オリジナルの手提げ袋なら、お店に忘れ物をしてしまったかもしれないので確認してほしい、そんな時でも電話番号がプリントされていればすぐ電話できますから、お店としての親切心やお客としての安心感が高まります。...

more

社会の基本知識

img5-1

企業や店舗では、購入した商品や顧客への粗品や販促品を渡す際に、手提げ袋に入れるでしょう。企業のロゴや社名等を入れたオリジナルデザインの手提げ袋であれば、広告代わりにもなりますし、持ちやすくサービスに合ったオリジナル手提げ袋であれば好印象を持たれる可能性が高くなります。...

more
top